「薬剤師の求人状況」

薬剤師の求人市場状況は・・・

どんな職業に就くにしても、その職業の需要と供給がどんな状況なのかという事は気になりますよね。一概には言えませんが、やはり需要が高い方が条件も良くなる事が多いですし、将来的に安定する可能性も高いです。では、薬剤師の求人市場の状況は今どうなっているのでしょうか。薬剤師の皆さん、そしてこれから薬剤師になろうと考えている皆さんにとっては気になるところですよね。市場の状況を明確に把握し、就職や転職のタイミングを見誤らないようにしたいものです。

今現在薬剤師は超売り手市場と言われています。全国各地で薬剤師が不足し需要はとても高まっています。好条件の求人が豊富に出ていますし、パートタイマーなどの時給も普段の2倍を提示しているところがあったりします(一般的に薬剤師の時給は2千円程ですが4千円程になっているところもある)。

何故ここまで売り手市場になっているのかという事ですが、薬剤師求人市場の現在の状況の要因はひとつではありません。まずひとつ目に医療分業の進展が挙げられます。処方箋料が従来の5倍になった1974年、当時の厚生省は各種の医薬分業事業を推進しました。それまでは病院でお薬を受け取るのが普通でしたが、徐々に院外処方せん率が伸びていったんですね。こうした医薬分業がどんどん進んでいくにつれて、薬剤師は調剤を行うだけでなく服薬の指導を行なったり、薬歴の管理をしたり、薬剤情報提供をしたりという事でも報酬が得られるようになりました。

そしてこうした医薬分業の進展は全国各地に数多くの薬局を造る事につながりました。病院の前や診療所の前には次々と薬局が開局されるようになりましたね。更にドラッグストアの増加なども薬剤師不足に拍車をかけています。特に地方のドラッグストアなどでは薬剤師をなかなか確保する事が出来ず、採用担当者も頭を抱えていると聞きます。

更に薬剤師求人の市場の状況が超売り手になっている要因には、2006年の4月に導入された薬学部の6年制が関係しています。この制度が導入された事により、昨年と一昨年は新卒薬剤師が0という状況になったのです。元々不足していた薬剤師の新卒者が0になった訳ですから、薬剤師を雇わねばならない企業にとっては深刻な問題ですよね。何としても薬剤師を確保しなくてはいけない為、現在の薬剤師求人市場の状況は"売り手"となっているのです。就職・転職するならば今が最大のチャンスと言っても過言ではないかもしれません。

希望に合った薬剤師求人を探すならこのサイトがオススメ!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリ詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ