「ドラッグストアの薬剤師求人」

ドラッグストアの薬剤師求人情報を探すなら・・・

新卒の薬剤師に年俸600万円を提示したというニュースはまだ記憶に新しいと思います。2006年に大学薬学部が4年制から6年制へと変わり2010年と2011年は新卒の薬剤師がいないという年になりました。その為2012年の薬剤師求人は大きな動きを見せ、新卒薬剤師を確保する為に各企業は熾烈な獲得競争を繰り広げました。

その中で出てきたのが最初に書いた年俸600万円の提示です。この年俸を提示したのは大手ドラッグストアで、業界関係者もこの金額には驚きを隠せなかったようですね。現在も勢いを増して拡大し続けるドラッグストア業界では、薬剤師の人手不足が深刻で、少し負担が大きくなったとしても好条件を提示し、人数を確保しておきたいといったところなのだと思います。なので、薬剤師の方がドラッグストアの求人を探せば、沢山の情報がすぐに出てくると思いますよ。中には「嘘でしょ?」と思うような好条件の求人もあるかもしれません。

ドラッグストアでの薬剤師の仕事内容は調剤薬局に勤める場合とはだいぶ異なります。ドラッグストアは小売業なので、日用品などさまざまな物を販売していますよね。働いている人達も薬剤師だけではなくさまざまです。そして訪れるお客さんもさまざまです。お店のレジが混んでいたら手伝ってあげる事もしますし、商品の陳列や発注をしたり、お客さんを案内してあげたりという事もします。薬剤師としての専門的知識を活かしながら、お店の顔としてさまざまな業務も行うというのがドラッグストアの薬剤師の役割です。

お薬のアドバイスや健康相談を受ける事で地域の方々の力にもなれますし、薬剤師だけではない方々と日々触れ合う事で、社会人としても大きく成長する事が出来るでしょう。調剤薬局に勤めるより広い視野で物事を捉える力が身につくのではないでしょうか。

ドラッグストアで薬剤師として働く場合は、地域もかなり豊富に選べるという魅力があります。求人情報を見るとわかりますが、全国各地のドラッグストアで薬剤師は求められています。都心などの地域ではお店の数自体が多いですから求人件数も多いですし、地方のドラッグストアなどは薬剤師の数が不足している為、かなり好条件で求人を掲載しています。

お給料を沢山貰いたいという方は敢えて地方の求人に応募してみるのも良いと思いますし、便利さを求めるならば都心部の求人に応募するのも良いと思います。売り手市場の今だからこそ求人探しには力を入れていきたいですね。

ドラッグストアの薬剤師求人情報はエージェントで見つけよう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリ詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ